サッカーのある生活...

育成年代のサッカーに関わる指導者の奮闘記

【U14の公式戦】

お疲れ様です。 今日も無事に1日が終わりました。 U14の公式戦は惜しくもドローに...試合の途中に上手く修正が出来たとは思いますが、得点が欲しかったという内容。一進一退の試合を勝ち切ると子ども達には自信になるのですが、結果については残念な気持ち…

【大雨と雷につき】

お疲れ様です。 今日は想像以上の大雨&雷のために予定されていた公式戦は延期となりました。 少し早く練習をスタートしていたU14は、なんとかトレーニングは出来ました。ずぶ濡れでしたが、明日のU14の試合のことを考えるとトレーニング出来て良かったと捉…

【難しいこと】

大好きなサッカー。 とにかく楽しく続けて欲しい。 上手くなりたい!って気持ちを持ち続けて欲しい。 そしてその気持ちを心を育てるのは、我々指導者の仕事。サッカーばかりではなくて、あの手この手で子どもの可能性を引き出していかないと... 難しい...本…

【豪雨の中で】

おはようございます。 昨日は台風の影響で本当に不安定な天気でしたね。そんな悪天候の中ではありましたが、降ったり止んだりの合間にクラブ主催のサッカー教室は無事に開催とのこと。 良かった、良かった。 個人的には毎週月曜日は〝おやすみ〟を頂いている…

【スクール生と選考会】

9月18日(日) 台風の接近が間近に迫ってきていた日曜日。 予想通りの生憎の天気でしたが、サッカースクールに通う子ども達を対象にしたジュニアユースの選考会でした。 豪雨になったり、小降りになったりの本当に不安定な天気...なんとか開催してあげたい!と…

【大型で非常に強い台風】

大型で非常に強い台風の接近...子ども達の試合の開催については、子ども達や観戦の保護者の行き帰りのことまで視野に入れて考えなくてはなりません。試合開催で危険なことになってしまっては本末転倒です。 日程や会場の問題もあるかと思いますが、まずは安…

【発信することの意味】

blogを読んでくださっている方に声を掛けていただいたり、内容について感想をいただいたりすることがあります。 素直にとても嬉しく思っていて、自分の言葉が誰かの為になるのであれば、それは嬉しいことだなって。自分の想いや考えたことをメモする代わりに…

【チームと戦う気持ち】

お疲れ様です。 今日も1日が終わりました。 大切な公式戦でした...試合の方は残念ながら負けてしまいましたが、個人的には子ども達のポジティブな変化が見られたことが嬉しくもありました。(負けてしまっているので複雑なところではありますが...) と言う…

【低年齢化していくセレクション】

低年齢化していくサッカークラブのセレクション...このシステムが保護者の焦りを生み、苦しめているところもあるような気がしています。 セレクションは必要がないとは言いませんし、子ども達にとっては必要なハードルになったりもします。 しかし、あまりに…

【少しの気遣いと思いやり】

お疲れ様です。 今日も無事に仕事が終わりました...帰りの電車の中で記事を書いています。 今日は幼児クラスと1年生クラスの指導にも入りました。年齢が上がると子ども達の様子も変わってきますが、その違いを感じるのがとても面白いのです。 ▪️様々な年代…

【資料作り】

こんにちは。 午前中は『ジュニアユース年代の進路選択』について資料作りを行いました。あまり盛り沢山にしても分かりにくいので要点だけをまとめてみました。 進路については...あくまでも考え方を示すものであって、こちらからは断定出来るものではありま…

【中学生年代の進路選択について】

1日があっという間に過ぎていきます。 とにかく朝からあっという間です...やるからには良い準備をしなければ。 地元の方々からのちょっとしたお願いで〝中学生年代の進路選択〟について話をします。さすがにフリートークという訳にもいきませんから、しっか…

【OFFの日の過ごし方】

おはようございます。 昨日、月曜日はOFFの日。ここ最近、身体がなかなか回復しないので、この日は自分の為に時間を使いました。 自宅にいるとダラダラしてしまって、無理矢理にでも動かないと時間だけを浪費してしまいます。なるべく1人でボーッと出来るよ…

【エモい】※追記あり

試合の中では自分達で〝変えられる〟ことと〝変えられない〟ことがあります。特に審判の判定については、〝変えられない〟要素の方が大きいですよね。しかし、審判の判定によっては試合が有利になったり、不利になったり...それだけ審判の役割は大きかったり…

【時間は平等】

おはようございます。 少し身体が重い朝です...ここ最近は早めの就寝を心掛けていますが、なかなか身体がスッキリしません。 『たまにはダラダラと過ごして心と身体を休ませなさい。』 小さな頃から母に言われていたのを思い出します。今だってたいしたこと…

【早起きした朝】

おはようございます。 朝からトラブルがあって早起きすることに...なかなかゆっくりさせてくれないものですね。 おかげで朝食を早く作り上げることが出来ましたが、まだ洗濯があった...と日常に追われながらソファに横になってしまいました。 ジュニアユース…

【アピールする方法】

お疲れ様です。 自分をアピールしようとして周囲を無視していても結局は自分の力は発揮出来ないものです。 なんでも一人では出来ません。 周囲との協調関係があってこその〝自分〟なのです。 さて...協調関係を築いていくにはどうしたら良いでしょうか? サ…

【参加動機は様々だけど】

おはようございます。 昨晩は自分が担当をしている〝おとなのためのサッカー教室〟が開催されました。 担当を務めてもう何年だろう...少しだけ間が空きましたが、長いこと担当として関わってきました。 『サッカーを初めて習います!』 『久し振りにサッカー…

【サッカーを知るということ】

こんにちは。 今日はかなりの蒸し暑さですね...今はクラブへの移動中に記事を書いています。 高知から戻って翌日には茨城への遠征、月曜日はOFFを頂いたものの...なかなか身体がスムーズには動かないですね笑 今日から私が担当する〝おとなのためのサッカー…

【少しずつ取り組まないと...】

おはようございます。 A級ライセンス講習中期日程から戻りました。 学びも気付きも多かったのですが、とにかくサッカーだけに向き合える幸せな時間でした。 今回はグランドでの指導に加えてプレゼンテーションなどが加わり新しい刺激となりました。 意外と話…

【人間関係で最も大切なこと】※追記あり

〝聴く力〟 自分が一番大切にしていることです。 解ってもらえない...と嘆くよりもまずは相手を理解することが大切だと思うのです。 お互いがお互いのことを少しでも思いやる気持ちを持って、そこに少しの感謝が重なればコミュニケーションはスムーズだと思…

【中期日程スタート】

お疲れ様です。 本日よりA級ライセンス講習の中期日程に参加しています。朝から飛行機移動でしたが、日常から離れてサッカーと向き合える時間だと考えるとワクワクしかありませんでした(笑) ここで知り合った仲間達とも打ち解けてきているのでグランドから…

【落ち着いたと思ったら】

おはようございます。 お盆明けからノンストップで続いていたお仕事も少しだけ落ち着きました。 夏休みは集中練習という形なので短期間に凝縮されています。体力的にはハードですが、子ども達の笑顔とグランドの活気がコーチ達に力を与えてくれています。 さ…

【日々の積み重ね】

おはようございます。 A級ライセンス講習会の中期日程が目前に迫ってきました。中期までに取り組まなければならない課題も盛り沢山...なかなか終わりが見えません笑 それでもサッカーのことだけを考えれば良い幸せな時間でもありますから、この時間を楽しま…

【どのように評価をするのか?】

■ どのように選手の評価をするのか? サッカーの育成年代の子ども達をどのように見極めるのか?はとても不明瞭ではっきりしていないところがあります。 クラブによっても哲学や価値観は違いますから、評価が必ずしも同じではなくて良いとは思います。しかし…

【必要なことを見極める】

おはようございます。 昨日、夏期集中練習の2日目を終えました。 この日も朝から年中さんの指導からスタートしました。 この暑さですからまずは安全第一です。 練習内容に気を配らないといけませんし、何よりも子ども達の様子をしっかり観ながらトレーニン…

【再開初日】

おはようございます。 昨日、夏休み期間を終えてクラブのサッカースクールが再開しました。 初日の午前中は大雨の中での開催となってしまいましたが、逆に涼しいくらいでウォーミングアップとしては良かったのかもしれません。 本当に大雨だったけど、午後は…

【夕方からの数時間】

おはようございます。 お盆休みを終えて今日から所属クラブの活動が再開します。 ゆっくり休めた訳ではないけれど、日常への感謝というか、当たり前の日常にこそ幸せとか嬉しさとかがあったりするものだと実感する瞬間がいくつもありました。 昨日はお手伝い…

【合宿の引率へ】

おはようございます。 今日から息子の所属しているサッカー少年団の保護者引率係として〝合宿〟に参加しています。 ※まさかプライベートで合宿に行くことになるとは... 少年団は基本的にボランティアです。保護者の中から誰が合宿の引率に行くのか...が1つ…

【男の修行】

男の修行苦しいこともあるだろう言い度(た)いこともあるだろう不満なこともあるだろう腹の立つこともあるだろう泣き度(た)いこともあるだろうこれらをじっとこらえてゆくのが男の修行である 何かあると思い出す〝山本五十六〟の言葉... どんな時も礼節を…